FC2ブログ

両想い販促鍛錬塾(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝)

松尾公輝プロフィール 温泉旅館に600泊1200日。 年間訪問アドバイス120回超え。 年間泊り訪問アドバイス30回超え。 年間メールアドバイス1000本超え。 株式会社 乾杯・KANPAI代表取締役  宿泊、物販、飲食、自動車、サロン、金融、メーカーなど顧問先多数。著書「女将力~管理職の切ない悩み解決します」(商業界)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

私たちは今期、どこを目指しているのか?私たちの会社は、3年後、どうなっているのか?

【以下、改善の余地はありませんか?】

それは、改善することで会社の人間関係や売上業績に対して
「きっと好影響がある」と判断されることです。

1、明文化された「理念や社是」の社内外「共有」
2、社風とも言える「人間関係」や「社内の雰囲気」
3、明確な「営業方針」や「業績目標」の見える化
4、なぜ、やるのか?という「事業の動機や目的」
5、社内・取引先・お客様への情報発信ツールやインフラ
6、共感を生むリレーションシップやストーリー
7、他社との違いを示すブランドやファンづくりの仕組み
8、社員が「自立自走」する評価制度とスケジュール先行管理


例えば、上記のようなものが整備されるなら、
どんな会社でもまだまだ伸びるし、
さらにもっと「いい会社」になれると思います。

「5年後、10年後、どんな会社にしたい?」

そんな「ロードマップ」があるのとないのとでは、
成果も楽しさもまったく違ってきます。

●私たちは今期、どこを目指しているのか?
●私たちの会社は、3年後、どうなっているのか?
●私たちは、なぜ、働いているのか?


上記を自覚している会社と、無自覚な会社では、
やりがいも生きがいも業績も成長もまったく違います。

画像1

■自社の良さや魅力を自覚して取り組みたい。

経営者も社員さんもパートさんも、
誰しもみんな、そのような欲求があるはずですし、
取引先さまだって「好きな会社」とつきあいたいもの。

「緊急ではないが、重要なこと」を今やらないと、
気づいた時には取り返しがつかなくなってきます。

「春植えて、秋実るものをも、なお遠しとして植えず」

(人というものは、今やっておけばいいことを後回しにして、
 目の前の果実だけを追い求めてしまうものだ/二宮尊徳)


例えば、会社の情報発信力をつけるために、
パンフレットやHPを作成するにしても、

コンセプト、ビジョン、ミッション、パッション
整理してから制作することが重要です。

そのために「ブランド・サルベージ」を提案します。

ブランド・サルベージとは、
会社の良さや強みや魅力を再構築し、
発信力をつけて内外に訴求する活動です。

僕に依頼してください(^^)

株式会社 乾杯・KANPAI
代表取締役社長
松尾公輝
090-9535-9907
km@kanpai-kanpai.com

ホームページは以下(^^)
http://www.kanpai-kanpai.com/

スポンサーサイト

いい会社になる方法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「私が必要としていたのは一緒に戦ってくれる人でした。」お客様の声(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝) | ホーム | 両想い販促塾「キュート」誕生しました(^^)ひと月で8人が検討して7人が採用しています。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。